平成29年九州北部豪雨被災者への義援金 報告とお礼

 クアラルンプール日本人会は、マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)と共に、九州北部豪雨の被災者を支援するための義援金募集活動を実施いたしました。  

 2017年8月1日より9月13日まで、義援金専用の銀行口座を開設すると共に、当会会館ロビーに義援金ボックスを設置した結果、当会会員、JACTIM会員企業、KL日本人学校、マレーシア在住邦人、加えて地元の方々も含め、多くの皆様から、本活動へのご賛同を頂くことができました。お預かりしたRM38,528.35の全額を平成29年九州北部豪雨災害義援金として、9月15日に日本赤十字社の九州北部豪雨義援金専用口座へ送金し、日本円で1,001,777円の振込みを実施したとの連絡を送金元銀行より受けましたので、謹んでご報告致します。  皆様のご厚意が、被災された方々への支援や生活再建に供され、一日でも早い現地の復旧・復興が実現しますよう祈念いたしますとともに、ご寄付をお寄せいただいた皆様のお心遣いに対し、心より厚く御礼申し上げます。

クアラルンプール日本人会会長 太田健司                 

KL日本人学校の皆さんからの寄付金を、
中学部ラジャブルック会会長の宮島栞さんと
小学部ラジャブルック会会長の新井望亜君が
届けてくれました。

(写真左:山下事務局長)