彼岸法要

KL日本人墓地 春と秋の彼岸法要

毎年二回、3月と9月の日曜日に開催しています。

3月10日(日)、広島県呉市・浄土寺の念誉賢二(ねんよ けんじ)和尚をお招きし、恒例の春の彼岸法要を執り行いました。KL日本人墓地は今年の3月で開設120周年を迎えたこともあり、例年より多くの方にご参列いただくことが出来ました。また、念誉和尚の長年の功績に対し、宮川特命全権大使より在外公館長表彰が授与され、また中山会長からも感謝状が贈られました。その後、読経、焼香、法話と続き、最後に参列者全員で慰霊碑と墓地に参拝し、線香とお花を手向けました。
次回、秋の法要は9月16日(月)に実施予定です

日本人墓地については、KL日本人墓地のページををご覧ください。

 


 【法要の様子】


(更新日:2019年07月18日)